“爆弾” in ヴィクトリアマイル & “WINなFve”

2013年05月12日 13:34

“爆弾” in  ヴィクトリアマイル


前評判はヴィルウシーナ


それもそのはず、

クラシック3冠とエリ女とGⅠ2着が4回、

目の上のタンコブが不在の今回、
「順番」からすれば遂に載冠、
これが自然の摂理だろう

が、

そうはすんなりいかないのが競馬、

疑うべきと事は疑ってかかりたい

そもそもサラブレットとは、
集団でいきる生物、

そもそも「1頭」には慣れていない

とりわけヴィルシーナ、
先頭にしばらく出ていない
常に前に馬がいないと落ち着かなくなってしまった懸念あり

まして前走、

牡馬混合戦では牡馬に戸惑った
これらの経緯からして今回も勝ちは非常に危ういとみた

2・3着あって頭なし、
もしくは前走を引きずって消える可能性もありだ

では負かすパターンは、

並ぶまもなく外からぶっこぬく場合と、

行かせすぎてとらえられなかったパターン、


今回はいずれか?


前評判は展開はスロー、

これも馬たちに聞いてみないとわからないが、

少なくとも、

人気がなくとも、
勝つチャンスがある馬に騎乗する騎手は、
前で競馬するはず、

エーシンメンフィス、
メーデイア、

ここからは推測の域だが
勝ちにいく岩田のオールザットジャズ、
近走不振が故に先行しそうな、
ドナウブルー、
アイムユアーズ、

これらがかっらみあって、
ある程度のペースが生まれるのではないかと思われる

かりにペースが上がらなくても、
これだけいればヴィルシーナも簡単ではあるまい
この場合、
岩田&オールザットジャズの一発に警戒したい


ペースが上がった場合は、
大外から飛んでくる、

ハナズゴール、
サウンドオブハート、
この馬らの末脚は脅威

ほかでは、
内で脚をためれるマイネイザベル
距離が足りないがレインボーダリア


復活が期待されているジョワドヴィーヴルだが、
調教はいいが、
やはり故障からどうもおかしい
復活するならここかもしれないが、
なまじ人気があるが故に見送る

ドナウブルーもピークを超えた感あり、
GⅠではどうだろう


それならアドマイヤセプター、
東京の1400なら最後に一矢報いる可能性ある

馬券は、
1・2・4・11・17BOX 馬連

3連単は2パターン
ヴィルシーナ2着の場合と、
消えた場合、

1・2・4・17→11→1・2・4・17+7・12
1・2・4・17→1・2・4・17→1・2・4・17+7・12



“WINなFive”

WIN1=ティーハーフ 
1200なら豊がとりこぼせない筈、
1点です


WIN2=カネトシ・ヴィンテージ・タイセイ・スズカ・キョウワ
大混戦です


WIN3=シャドウバンガード
ハンデ戦だが、
左回りならおとせまい
1点です


WIN4=アルゴリズム・ナガラオリオン・スリーボストン
こちらもハンデ戦、
トップハンデは不振だけにマルカバッケンは消します


WIN5=ハナズコール・サウンドオブハート
勝のはこの2頭、
ヴィルシーナは馬券は別として抑えるべきだろうか?


30点(1点足せば45点…)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kamatabara.blog38.fc2.com/tb.php/5370-9be3194f
    この記事へのトラックバック