“爆弾” in  阪神C ~ 最後は決める!

2012年12月24日 11:10

今年最後の “爆弾”

確実に決めたいところだ









過去5年間の3連単は、



10万台→10万台→10万台→40万台→40万台、


今年はそれ以上の配当が期待できる









GⅡでしかも賞金が高い、

1200と1600巧者が集うだけに激戦は間逃れない

これが高配当の原因だ








1人気はそこそこの連対率を誇るが、

・1400m重賞3着以内歴
・1400m勝ち


これをクリアしていれば{2.1.0.1}








現在1人気はアドマイヤセプター


上記の条件をクリアしているが、


牝馬は{0.1.1.12}


唯一の連対馬はジョリーダンス、
同馬は同年の阪神牝馬Sを勝っていた

重賞実績が{0.1.3.1}のセプターには荷が重そうだ









牝馬はほかにもいるが、


マルセリーナは、


同年阪神牝馬S2着、
ヴィクトリアマイル3着、
一変があってもおかしくない


一方、
スプリングサンダーはピークを過ぎた感あり



狙うのはやはり牡馬、


Hペースになりやすいレースで、
差し・追い込みが利くが、



今回は逃げ・先行馬が少ない

逆転の発想で「前残り」しないか?!



筆頭はシルポート、

しかし8戦ぶりの7ハロン、

7ハロンは3勝してるが2勝は東京、
1勝は阪神だが未勝利戦のもの

現に8戦前の去年の阪神Cは5着、
パワーが必要なコースはパフォーマンスがフル発揮できない


マジンプロスパーは同条件の阪急杯の勝者だが、
鉄砲は得意なほうではない


となると残るは1頭、







◎テイエムオオタカ




シルポートが行けば番手、
行ききれなければハナを叩くだろう
ヤネは「番長」である

先行力は今更言うまでもないが、
とにかく煩い
そう簡単には崩れないのが魅力だ

阪神コースは3着2回しか実績がないが、

アーリントンCGⅢ、
ファルコンSGⅢ、


ともに重賞であり、
いまの充実ぶりなら初載冠可能だ


ヤネの藤田騎手はこの日、
新馬戦以外は騎乗はこのレースだけだ


勝負気配プンプンで9人気(現時点)の低評価を覆す





馬連は幅広く流すが、
高配当はなんといっても3連単、



○レオアクティブ(6人気)

▲アドマイヤセプター(1人気)

☆マルセリーナ(10人気)




この3頭を相手に回して、

3連複と3連単、



3着には、

△2、3、8、11、13、15、16、17



最後に大物を釣る
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kamatabara.blog38.fc2.com/tb.php/5108-80f5e446
    この記事へのトラックバック