“騎手裏話” in  “才能を仕事に結びつける勝負師”其の三

2012年09月20日 07:34

2009年のダービーでも、




「アントニオバローズ」に関して彼は、





自信を持っていたという










低評価をよそに、








終わってみればちゃんと3着に入着、











勝てなかったとはいえ、











ここ一番での勝負強さはハンパじゃないのだ











かつて、









「ヒシミラクル」が1000万下の野分特別に出走する前の週に、











彼はある騎手にこう言っていた












「今度l000万を絶対に勝たせたい馬がいるんや。ここで勝てたら菊花賞も勝てる」









その後の結果は言うまでもない









神がかり、









そんな言葉が似合う騎手だ(続く)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kamatabara.blog38.fc2.com/tb.php/4894-25a3cb78
    この記事へのトラックバック